スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不良達と一般人

異常なし


不良少年による非行が相次いで、駅も荒れ放題。
バイクで駅構内を爆走する輩も多数いたので
不良阻止用の柱設置(透明)となる。

では、手前の女子高生は何をしてるか?
ただ単に「荷物持ってよ」と言ってるだけかもしれません。

不良が暴れ出した原因は、恐らく
1つの不良の集団の出現じゃないでしょうか。
長い間抑えつけられていた不良少年達が
ある日"爆発"して、周りの予備軍も
巻き込んでいった、と。

非行・犯罪に巻き込まれた女子・男子が
主人公であり、その過去と強制的に向き合わされ
傷をなめあう構図。



という訳で線画があらかた終わったので
着色といきます。


スポンサーサイト

モブ(群衆) 荒廃

異常なし


生まれたままの姿で駅構内を徘徊してるわけじゃないんだ。


モブは適当に描くのか真面目に描くのか
気力が続くうちはマジメに描こうと思います。


不良が跋扈してる荒んだ学生社会。
ピュアな人間は一際目立つが故に
標的にされやすい。

パートナーがいる方は気を付けてくださいね?



本来は創作のネタにするのがはばかられるけど
見る人によっては一瞬で"圧迫"されて虜になる。


駅の改札

異常なし


駅の改札に向かうところ。


今までは640×480のサイズに描いてました。
今回はその倍の960×1280です。
ブログでそのままの大きさで投稿しようとしたところ
とてつもない大きさになったので、1/2に縮小してます。

明るい感じの奴を描ければと思ってます。
ノリですよノリ。



マップチップ 家屋 屋内

マップチップ 進捗



→にすごい飛び出てるけど気にしない。

床・・・壁・・・窓・・・

あとはカーペットや玄関(段差と床)を作れば大体OK。

物語の最初のマップは主人公の部屋です。
ここを埋めれば波に乗れると思います、たぶん。

戦闘がおっぱじまるマップまでいければ・・・
日々がもっと楽しくなると思います。
つまりはストーリーに入っていくわけですが。
絵を描いたり、ドット絵つくったり、そっち方面に
傾倒する癖があります・・・。
ツクール2000とまだ仲良くなれてないのかなー


サイトをどうする



正直、なーんもサイトを構築できる材料がない。
それなら別に自作ゲームに限らなくてもいいかな。
サイトは最悪なくてもゲームは作れるけど・・・
今後の"生活"のためにも、もしかしたら必要になるかも
しれない。

こんだけ作業比率がイラスト>>ゲーム制作に傾いてるんだから
これからもっと材料が増えるだろうと思いたい。

言ってるそばから、また次の絵の構図をとりはじめてます。
次はもっと明るいテーマだといいですね。
一つ前の絵は今作ってるゲームに関連するものですが
次はあんま関係ないようなものを。
ただ、今のところゲームの登場人物しか描かない感じなので
キャラクターはほぼ固定です。

全く関係ないイベントをテーマにするのもアリですね。
ハロウィーンとかもう過ぎちゃったみたいですが。
季節のイベントに合わせて絵描いたことないし
その頃に描く時間と気力があるかどうかが問題。

絵の構図云々かんぬん以前に、イラスト関係の
イベントとかにも参加してみたいとも思ってます。


結局、自分は何の絵を描きたいのか、何を目指しているのか
最終目標はゲームに使う絵を描ければいいわけです。

しかし、もし万が一(ってなんだ)ゲームが完成したとして
さて、何が残るかというと、それはゲームです。
イラストはアクセサリにすぎない。
心臓が止まってしまっては、血液を循環させることは
できない。

今、絵を描けているのはゲームがあるから。
登場人物がいるから。材料があるから。

オリキャラ自体は、いくらでも生み出すことが
できるんでしょう。でも、生きているのはその絵の中だけ。
いや、生きているのではなく"写真"だけ。
ゲーム制作が原動力、しかしそれがなくなる。


イラストはゲームによって生かされるだけの存在。
しかし、ゲーム制作が苦しい時期に絵を描くと
ストレス発散にもなるし、事実楽しい。

これから音楽素材作り等々、イラスト並みにゲームを
飾り付けする作業にたくさん手を出していくことに
なります。

付随的なものは付随的なものでしかない?
そんなことはないと信じたい。
ゲーム制作も趣味の一つであり、イラストもまた同じ。

制作進行状況が50%ぐらいになったら
もう一度考えてみたいですね。




背景と並行

月下の監視者


「・・・もう・・・斬りたくない・・・」
「やめらんないよ。あんたが、"あんたの仇"を取るまでは。」





どっと疲れが押し寄せた。
岩が特によくわからなかった。

今回は背景とキャラを平行して描き上げました。
木、特に葉を描いていく上で足がかりはつかめたと思います。

小さくキャラを描くと髪の毛先の粗さがまず目立ちます。
そんな構図にしてしまうのがまず一番の原因ですね。
色トレスでいくらか柔らかくすると絵柄が変わるので難儀。

今日のうちに完成できてよかった。



キャラ+武器

月下の監視者


構図として、キャラに武器(刃物系)を持たせるのは
すごく安直すぎる気がしてきた。
でも、手に何も持ってないのも味気なさすぎる。

しかし、それは描くキャラの大きさに依存するのだと思う。
線が荒くなってしまうぐらい小さければ、その人物が
今何をしているのか、しようとしているのか
全身だけでは伝わりずらい。

逆に、キャラ1人だけでキャンバスが埋まるぐらい
大きければ、それだけで何がしたいのか、
いや、そんなことを考える必要もなく
"キャラ"というもの自体で十分伝わるんだろう。
・・・武器に限ったことではないけれども。

どんな構図でも、ポーズでも、大きさでも
キャラの体だけで表現できればそれに越したことは無い。


・・・とどのつまり、キャラを小さく描くのは厄介だ。




今は、裸体のサイズに沿って着衣させた所。
最近のペースを考えると、1週間以内に塗りまで
いければ上出来かも。

他に浮気せずにさっさとマップの一つでも完成させたい
ところではありますが、後々役立つと信じて。




マップチップ家屋 | マップチップのコツ

日本 家屋 棚 机等


ちまちまと作ってました。
陰影を考えるのはドット絵でも同じですが、
ドット絵に合ったドットの置き方があるので
頭の中で思い描くのがつらい。

家具はまだ作る必要がありそうですが、
主に主人公の部屋だけ形成できればいいので
下層チップはこれでいい・・・かな





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。