fc2ブログ

RPGツクール2000 マップチップ3 階段










階段のマップチップを作成。1回1つのファイルを埋めてしまえば

次以降のマップチップ作成の時間も"経験"で短縮できるはず。

RPGツクール2000の顔グラのドット絵作成を経験しててよかったなー

アンチエイリアスから理解するとなると、挫折に近い状況に

なっていたのは想像に難くない。

資料を探してはドット絵に起こす、というステップです。

作成を始めるまでが大変です。

やる気が起きないというか。

一度始めてしまえば、気付いたら問題なく作成できてた

という今日このごろ。

はやくストーリーに入りたひ・・・




にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



RPGツクール2000 マップチップ2







左上がビルの外観。

左下が、なんか壁?的な。名前を知らないけど。

右上が家の外観。

中国にあるような、家が密集してる所の路地裏みたいなマップを

作りたくて。だから結構な種類の家のチップを作る必要があって

それは必然的に狭いスケールになると。しかし、このマップチップ

ファイル内に収められるか・・・。



家の向きも問題ですよね。例えば、右上の家のように、

窓とか結構細かい部品が露出してる面のチップを使うのは

主人公キャラが水平方向に動く時の道に添います。

つまり、水平方向の道とセット。



この家を90度回転させて、大部分が壁だと思われる面は、

主人公キャラが垂直方向に動く時の道です。

前者は道の上下に、後者は道の左右に、という感じ。

2種類のチップを作る必要があると。



住宅が適度に不規則に密集してる路地裏だと、

小型歩道橋みたいに面白いオブジェクトも追加する必要が

ありますかね。こういう時は「上層」チップでいいのかな。

歩道橋の下をくぐる時に主人公が"下"になってるような

そんな設定が今のところ勉強事項で、最大の懸案ですね。

文章じゃ理解できないんですよね・・・。実際に作って

みないと。それも、主人公キャラが歩行できる歩道橋とか、

オブジェクトでそんなの可能なのかな?歩行設定でどうにか

なるんかな・・・。



作ってる時は確かに面白いんですけどね。1ファイルの中に

1マップに必要なチップを作って収めないといけないのが

一番のネック。使いまわせるように配慮したチップの作成とか

どういう計算で素材屋さんはやってるのか・・・。




RPGツクール2000 マップチップ1







左上がアスファルトの地面。

右上が変色?してる所で

左下が塀。

これはたぶん、マップ作成してるときに、何が間違ってて

何が足りないかが判明して修正作業に突入・・・という

未来が見える!



ドット絵とイラストはなんとなく通ずる所があると思います。

微妙な影とか陰とか、照り返しとか

観察してみると、本当に縮小されたイラストみたいです。

歩行グラやマップチップは、複数種類があっても

一度作ってしまえば、それを使いまわせることができるので

比較的、楽とは言えないけど、単純。

今の段階は、イラストで言えばラフでしょうね。

RPGツクール2000のマップチップ素材の「境界判定」という

概念がまだ理解できてないので、実際のマップ作成のときに

何が間違ってて(以下略

修正作業がペン入れ・塗りの段階だと思います。

慣れればラフがペン入れになるんだろうけど。



地面のドット絵は、単純に異なる色の"点"を適度に

ばら撒きましたが、イラストでもこれ描いてみたいな・・・。

たぶん描かないといけない場面は出てくると思う。



エターナる気持ちが分かる。


RPGツクール2000 歩行グラフィック2





01_20140321035606abc.jpg


02.jpg



素材作ってる途中、すごい妄想したくなります。

ストーリー展開とかをどうするかとか、今作ってるゲームの次回作、そ

のまた次回作とかまで頭の中が飛んでる時があります。

4月から新社会人になるわけですが、果たしてその制作ペースは如何

に・・・?



とりあえず、序盤に出てくるメインキャラの歩行グラはこれでいいかな

と。

その次に作るのは・・・マップチップかなぁ。

当初は素材屋さんのを借りようと思ってました。

しかし、そうすると制作状況を公開できない場合がありますよね。

素材屋さんのマップチップが使われた場面のスクリーンショットを記事

に載せていいのかという問題が発生します。



それに、作りたいマップを作るのに、毎回それに合うような

素材を見つけるのも辛い。むしろ、一番時間がかかるのはそういう点

です。ツクール2000の黎明期もとっくに過ぎていて、ツクラーさん、

素材屋さんのサイトの閉鎖も相次いで、活動中のサイトさんの中から

目的の素材を見つけるのは時間がかかりますし、見つからないことの

方が多いです。

そして、いつのまにか素材検索じゃなくて別のことに気が向いて

制作をほったらかしてた~みたいな事態に。



そんな時は自分で作るしかないですよね。

むしろ、自分で作った方が自分のイメージと合うのは当然です。

時間はかかるんですけどね。ただ、自分で作ったものは自分のもの

だし、後腐れもなし。自由に使えるんですから当然ですね。



それで、前回の記事で載せた主人公キャラに加えて3キャラ

追加しました。

モブキャラも・・・作らないとな・・・。



オープニングを先に作るか迷いましたが、

とりあえず最初の戦闘発生エリアからストーリー制作を始めようかな

と。それにはマップチップが要るし、戦闘システムもメニュー画面

も・・・あーやることいっぱいだ。



RPGツクール2000 歩行グラフィック1 STAP細胞 博士論文








ゲーム制作で、イラスト以外の内容で記事書くのは久々。

最後に書いたのは、戦闘時の背景とかメニュー画面でしたね。

ファイルじゃなくて、スクリーンショットなのでちょっと

ぼやけてるかな。まあ、拡大してるので当然。



イラストの時と同様に、"くせっ毛"や"ジャージのしわ"

も適度に入れないと、のっぺりした感じだと思います。

女だけど、内股だと"かっこよさ"が薄れる感じがします。

ボーイッシュまではいかないんですけど、なんでしょう。

強気?な性格が態度・姿勢に現れる~みたいな・・・。

半不良。



歩行グラフィックは、静止時のドット絵が出来れば、

それを基にしてコピペを駆使できるので

ドット絵の中では難易度は高くないと思います。



ご挨拶





このブログは、RPGツクール2000によるゲーム制作日誌になります。

これから仲良くして頂ければと思います。

リンクは自由ですのでご自由にどうぞ。



それでは、よろしくお願い致します。